お遍路の道具

お遍路の道具

お遍路さんって、見ると皆さんだいたい

同じような格好をされていますね。

 

上下、白の身だしなみで

身を包み、笠をかぶり、杖をついてます。

 

 

こういった服装は、

それぞれに意味が込められているとのことです。

 

でも、

全てを揃えなければならないというものでもありません。

 

その都度、巡拝をする中で

揃えていけば良いということです。

 

 

ただし、「納札」「数珠」「経本」「線香・灯明」は、

参拝道具として、必要なのでぜひ揃えておきましょう。

 

また、

御朱印をいただく方もいると思いますが、

そういった方は「納経帳」や「納経軸」、「白衣」のいずれか

用意しておきましょう。

 

杖は「金剛杖」と呼ばれ、

弘法大師の化身とされ、とても

大切なものです。

 

いうなれば、お遍路に金剛杖を携えることは、

弘法大師とともに巡拝の旅をしているということになります。

 

なので、金剛杖はぜひ用意してください。

 

★四国遍路のお役立ちグッヅ・・★

スポンサー リンク