お遍路 方法

お遍路 方法

四国の八十八ヶ所を巡るお遍路ですが、

お遍路の仕方は決まりがあります。

 

 

簡単に説明します。

 

まず、

八十八ヶ所の札所に到着したら

本堂と大師堂を参拝します。

 

参拝については

宗派によって若干違いがあります。

 

一般的には

決められているやり方で般若心経などを読みます。

 

その後納札を納めます。

 

 

次は「納経」です。

 

納経とは、

境内の中の納経所にて札番印や宝印や寺号印などの

朱印を頂く事です。

 

朱印は納経帳に押してもらいますが

掛け軸や身につけている白衣などに押してもらうこともできます。

 

★四国八十八ヶ所 お遍路巡礼 8点セット ★

 

こうして八十八ヶ所を巡礼するのですが

八十八ヶ所全てを廻り「結願」となります。

 

さらに

真言宗の総本山の金剛峯寺がある

高野山の奥の院を参拝すると「満願成就」するということになります。

スポンサー リンク