お遍路の旅にでる理由と意義

お遍路の旅にでる理由と意義

以前はお遍路といえば、信仰に基好き、現世、あるいは来世のご利益のためというのが、

普通でしたが、最近のお遍路は、信仰心というよりも(もちろんそれもあるでしょうが・・)

願いや希望を求める方向の方が多くなってきました。

 

人それぞれ、お遍路の旅にでる理由は異なるでしょう。

「家内安全」「商売繁盛」「無病息災」「良縁成就」「子宝」などという理由だけでなく、

亡くなられた身内の供養であるとか、今までの人生の懺悔が目的の方もいるでしょう。

 

さらに、ただ単に健康や自己鍛錬という方もいるかもしれません。

 

さらに人生の目標を失い、生きる目標をみつけるためという方、

自分探しのためという方など様々ですね。

 

四国八十八ヶ所の空海ゆかりの札所や霊場を巡る旅である、

お遍路は一番から八十八番までの巡拝で結願し、

最後に高野山の奥の院を参拝することで大願成就します。

 

人間にある百八つの煩悩を、霊場八十八ケ所を巡ることで、

その煩悩を消し去り願いがかなうというお遍路は、

修行の旅であると共に、自分探しの旅でもあるといえるかもしれません。

 

旅の途中で様々な方から受ける「お接待」や、

温かい心ずかいに触れてみると、心は癒されていきます。

 

スポンサー リンク