お遍路 衣装と用品

お遍路 衣装と用品

四国八十八ヶ所をお遍路する際の衣装は、

まず頭に「遍路笠」という「かさ」をかぶります。

 

「遍路笠」には弘法大師に因んだ文字が入っています。

 

また弘法大師と、常に一緒に行動しているという意味がある

「金剛杖」と言う杖をもちます。

 

金剛杖は、遍路用品の中では最も重要なものと言われており、

宿などに到着した際は、一番最初に杖を洗って清めなければなりません。

 

それほど、金剛杖は弘法大師とともに

遍路道を旅するという意味でも大切な杖なのです。

 

 

ほとんどの金剛杖には、

「同行二人」や「南無大師遍照金剛」と書いてあります。

 

それらに加えて、

その下に般若心経が書かれているものもあります。

 

次に衣装ですが、「はくえ」呼ばれる

「白衣」になります。

 

お遍路さんの正装といっても良いですね。

 

この白衣の上から

「輪げさ」を首からかけます。

 

そして「山谷袋」と呼ばれる布製の袋を肩からかけ、

手には「手甲」をはめて、足には「脚絆」をはきます。

 

山谷袋には貴重品などの持ち物を入れることができます。

 

またお手洗いに行くときなど、

不浄な場所には輪げさや数珠などは

持ち込めないと言う決まりごとがありますので、

この山谷袋の中に入れて人に預けなければなりません。

スポンサー リンク