お遍路の順番

お遍路の順番

お遍路の八十八ケ所の札所は、一番から順に番号が付いています。

 

でも必ずしもその順番通りに巡拝しなくても構いません。

 

旅の基点が皆さんそれぞれ違いますので、

構わないようですね。

 

お遍路道は環状になっています。

 

ただ、多くの方は

「発心の道場」の最初となる一番札所を基点として旅を始められる方が

殆んどだといいます。

 

ご存知のように

八十八ケ所の札所は、「発心」・「修行」・「菩提」・「涅槃」の

道場に分けられてます。

 

それは、

弘法大師が密教の曼荼羅の世界を投影したという思想からなのですが、

やはり、発心の道場は、始まりの道場と言われていますので

ここを基点とするようですね。

 

 

・発心の道場

阿波の国、今の徳島県にある札所23箇所をいいます。

 

・修行の道場

土佐の国、今の高知県にある16箇所の札所のことです。

 

・菩提の道場

伊予の国、今の愛媛県にある26箇所の札所になります。

 

・涅槃の道場

讃岐の国、今の香川県にある23箇所の札所のことです。

スポンサー リンク