お遍路の心得

お遍路の心得

 

四国八十八ヶ所巡りをする人は心得ておかなければならない、

「心得」があります。

 

それは、

「十善戒」と言われる弘法大師の教えです。

 

これは、現代風に言えば、

お遍路をする際に守らなければならない10個のマナー

ということになるかと思います。

 

 

ではご紹介しましょう。

 

一番目は生き物を殺してはいけない「不殺生」です。

二番目はものを盗んではいけない「不偸盗」です。

三番目はふしだらなことをしてはいけない「不邪淫」です。

四番目は嘘をついてはいけない「不妄語」です。

五番目はお世辞を言ってはいけない「不綺語」です。

六番目は人の悪口を言ってはいけない「不悪口」です。

七番目は二枚舌を使ってはいけない「不両舌」です。

八番目は人間欲を出してはいけない「不慳貪」です。

九番目は人をねたんだりしない「不瞋恚」です。

十番目は不正な考えをもってはいけない「不邪見」です。

 

 

さらにお遍路をする際、持つ「金剛杖」は、

弘法大師の分身といわれてますので、

宿に到着したらまず洗って清めなければならないと決められています。

また橋の上では杖をついていけません。

 

各札所で参拝した後は、

鐘を鳴らしてはいけません。

 

そして何よりも本堂や大師堂を参拝する際は、

心からお祈りをしましょう。

スポンサー リンク