お遍路 歩く距離

お遍路 歩く距離

お遍路で歩く距離とは、いったいどれくらい・・・?

 

 

ということなのですが、

歩く距離は、巡拝の手段によって大きく異なってきます。

 

【歩き遍路】であれば、

当然一番長く歩くことになります。

 

一番から八十八番までを走破しようとすれば、

約1,400キロの道のりとなります。

 

約1,400キロといったら、すごい距離ですね。

 

歩き遍路を始めたら、

1ヶ月から2ヶ月近くの日数を、

ほとんど毎日歩くことになります。

 

ご自分の体力、気力

ともに常に確認しておかないと

途中で挫折するという事にも

なりかねませんね。

 

さらに途中には、

「お遍路ころがし」といわれる、

転げ落ちそうなほどの急な山道や階段などもあります。

 

もちろん、とても大変な道中ですけど、

その分、結願の感激や感動は、

他のどの手段でも味わえないものがありますね。

 

 

その点、車での巡拝や

バスツアーでの巡拝であれば、

ほとんどのお寺で、門前まで行くことができますので、

かなり楽なのですが、それでも

階段の多いお寺や境内の広いお寺もありますので、

それなりの距離を歩く覚悟は必要ですね。

★四国遍路のお役立ちグッヅ・・★

スポンサー リンク