お遍路のお接待とは

お遍路のお接待とは

お遍路の旅には独特の慣習として、

「お接待」というのがあります。

 

私達の普段の生活とは、あまり馴染みのない、

それでもって最も心に響く慣習が

「お接待」ではないかと思います。

 

四国では、お遍路さんは弘法大師と

同じとして扱われます。

 

当然にお遍路さんに対しては、食べ物や飲み物から

宿を提供したり、あるいはお賽銭を差し上げたりという

「お接待」が行われます。

 

お接待を受ければ、

納札を一枚お渡ししなければなりません。

 

基本的にお接待は、お断りできません。

飲み物や、食べ物などのお接待は、

喉が渇いていたり、お腹が空いていれば

とてもありがたいものです。

 

ただ、初めてお遍路の旅をする方などにとっては、

お賽銭として現金を渡されるときなどは、

戸惑うかもしれません。

 

とくに金額が高額だったりすれば、

お断りするのが、普通なのでしょうが、

しかしお遍路さんに対しての「お接待」は、

断るのはかえって礼を欠くことになります。

 

お遍路のお接待には、

「お遍路の旅に出ることの出来ない自分の分もお参りをしてきてください」

という気持ちが込められていると言われております。

 

お接待をすること自体が功徳を積むということですので、

参拝する際にはお接待をして下さった方々の分まで

お参りをすることが大事だという事ですね。

スポンサー リンク